1. HOME>
  2. 活動報告>
  3. 2020.2.15 一般及び医療・介護従事者向け講演会 「緩和ケアとユーモア」 ~困難な状況に立ち向かう最高...

2020.2.15 一般及び医療・介護従事者向け講演会 「緩和ケアとユーモア」 ~困難な状況に立ち向かう最高...

2020.02.26
2020.2.15 一般及び医療・介護従事者向け講演会 「緩和ケアとユーモア」 ~困難な状況に立ち向かう最高の処方箋~ NEW

講師:淀川キリスト教病院 名誉ホスピス長 相談役 柏木 哲夫  先生

会場:ホテルグランヴィア和歌山 6階 ルグラン

参加人数:総数114名 (医療関係者69名 介護関係者22名 一般の方23名)

柏木先生は緩和ケア病棟を日本で早くに立ち上げられた、緩和ケア・ターミナルケアの第一人者です。その先生が患者と向き合うために最も大切にされているのがユーモアです。先生は川柳に興味を持たれ新聞に投稿するうちに当選を繰り返します。そして緩和ケア病棟の患者さんとも川柳で「困難な状況に立ち向かいます」。

講演は最初から最後まで笑いに満ち溢れ、先生のユーモアたっぷりなお話しに会場は引き込まれます。楽しく、面白くまた、時に心にひびくお話がちりばめられ、ユーモアを自分の職場に持ち帰ろうと思われた参加者の方も多かったと思います。

アンケート(感想)の一つを紹介します。「医療の現場、特に緩和ケアの場合、笑うということはいけないことと思っていましたが、今日の講演を聞いてユーモアや笑いが必要だと強く感じました。また私自身も日々の業務のつらさが軽くなりました。今後の業務や生きていくうえで、とても参考になりました。ありがとうございました」とありました。

DSC_0263 DSC_0269 DSC_0278 CIMG2024 CIMG2025 CIMG2029 CIMG2032 CIMG2040 CIMG2048

このページのトップへ戻る